創業セミナー【ベンチャー企業の人材の採用と定着 労働契約の基本を踏まえてどう取り組めばよいのか】開催のお知らせ


東京圏雇用労働相談センター(TECC)と高田馬場創業支援センターの共催による創業セミナー、「ベンチャー企業の人材の採用と定着 労働契約の基本を踏まえてどう取り組めばよいのか」を開催いたします。
この講座では採用する際に経営者に必要な労務管理の基礎知識と、事例を踏まえた人事戦略について解説いたします。採用した人材を雇用し続けるためにも必要なポイントを知ることのできる内容ですのでお一人でも多くの方にご参加いただけますと幸いです。

※お申込みは東京圏雇用労働相談センター(TECC)のセミナーページにてお願いいたします。

創業セミナー『ベンチャー企業の人材の採用と定着 労働契約の基本を踏まえてどう取り組めばよいのか』開催概要

概 要 創業後の事業成長段階で、昨今の売り手市場においては優秀な人材確保はベンチャー企業にとり重要課題となっています。
労務管理の基礎に加え、事例を豊富に紹介することで、採用におけるトラブル防止や強いチームの作るための知識を得ていただけますので、ぜひこの機会をご活用ください。
また、セミナー後は個別相談会を実施いたします(希望者のみ)

創業セミナー【ベンチャー企業の人材の採用と定着 労働契約の基本を踏まえてどう取り組めばよいのか】
*チラシデータはこちら。クリックでPDFが開きます

対 象 ・これから創業を目指す方
・創業後に新しい知見を得たい方
定 員 30名
開催日時 2019年11月16日(土)14:00→17:00(受付開始:13:30)
進 行
【第1部】14:00→15:00
「優秀な人材の定着を図るための人事・労務戦略
~採用時のポイントを含めて~」

TECC相談員 社会保険労務士事務所 周藤 智氏(弁護士)

TECCでも事業者側からの多い相談として、採用後すぐに辞めてしまう人の対応、優秀な人材を雇用し続けること、求める能力のミスマッチ等があり、労使双方の採用時の認識の違いだけでなく、採用面接時に押さえるべき注意点、雇用契約書、就業規則の不備など、労務管理の基本をおろそかにしていることが要因と考えられます。今回は、優秀な人材を確保しつつ、従業員との間にミスマッチングが生じた場合に備えるための労務・人事管理体制の構築について、採用時の注意点、雇用契約や就業規則による対応をケーススタディを踏まえながら丁寧に説明します。

【第2部】15:00→16:00
「ベンチャー企業が見逃しやすい労務管理上の問題点
~IT系ベンチャーの事例から学ぶ各種労務管理のポイント~」

TECC相談員 稲生 滋氏(社会保険労務士)

下記テーマについて事例を挙げながら労務管理上の問題点を説明します。労使トラブルをどう回避するかなど具体的に解説します。
・偽装請負 ・副業兼業・固定残業制 ・雇用と業務委託 ・管理監督者 ・裁量労働制 ・有期雇用契約 など

【個別相談会】16:00→17:00

希望者にはTECC相談員の弁護士・社会保険労務士が個別にご相談に応じます。
※セミナー予約の際に合わせてお申込み頂くとスムーズなご案内が可能です。
(当日のお申込みも可能です)

参加費 無料
会 場 新宿区立高田馬場創業支援センター
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-32-10
アクセスはこちら
協 力 日本政策金融公庫 新宿支店
申込先 ※当センターでは受付を行っておりません。お申込み受付は東京圏雇用労働相談センター(TECC)にて行っています。

【1】セミナーページからお申込み

申込フォームに必要事項を入力してお申込み下さい。
セミナーページ

【2】お電話にてお申込み※

03-5542-1950

【3】メールにてお申込み※

tecc@pasona.co.jp

※【2】【3】の方法でお申込みの場合は
《1》お名前
《2》ご連絡先(ご住所・電話番号・メールアドレス)
《3》所属(御社名、役職名など)
《4》個別相談希望の有無
《5》セミナー講師への事前質問など
をお知らせ下さい。